腰痛の原因となる悪い姿勢・習慣

悪い姿勢は腰痛の原因

悪い姿勢と良い姿勢の例
日頃の姿勢が腰痛の発症を左右するといっても過言ではありません。

 

特に猫背に代表される悪い姿勢は腰への負担も大きく、筋力の低下などにつながります。

 

悪い姿勢のほうが楽に感じるということも少なくないため、無意識に骨や筋肉の状態を悪くして腰痛の準備ができてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

座るのは楽ではない

立っているより座っているほうが楽という人は多いですが、座った状態で楽になっているのは足の筋肉だけです。

 

逆に、腰への負担は立っているときよりも座っているときのほうが大きくなっています。

 

たとえば、座って上半身を前に傾けた姿勢では、まっすぐ立っているときとくらべて2倍もの力が椎間板にかかるのです。

 

背中まわりの筋肉や骨への負担も座っているときのほうが大きいため、座ること自体が腰には優しくありません。

 

座ると姿勢が崩れる

日頃から正しい姿勢で座れている人は圧倒的に少なく、座ることは姿勢を崩しやすいといえます。

 

ソファや座椅子でくつろぐときは、足を投げ出し腰も浅く座っているのではないでしょうか。

 

車の運転やデスクワークをしている時も、無意識に上半身が前方向に傾いてしまい姿勢が崩れやすいです。

 

悪い姿勢は筋肉の緊張をまねき、腰への負担もドンドン大きくなっていきます。

 

椅子に座っていない時でも意識しないと姿勢は悪くなりやすいです。

 

背中を丸めたあぐらや正座を崩した形の横座りなども腰に負担がかかります。いわゆる体育座りも腰にとっては悪い座り方です。

 

その他の悪い姿勢

当然ながら、座っている時以外でも悪い姿勢なら腰に負担がかかります。

 

立っている時の姿勢が「お尻が突き出ている」「猫背になっている」「お腹が突き出ている」のいずれかなら悪い姿勢です。

 

うつ伏せで本を読むときの姿勢は背中が反りかえり腰に負担をかけます。背筋全体に負担がかかるため、背筋を鍛えていないと筋肉疲労からの腰痛が心配です。

 

悪い姿勢は習慣化する

腰に負担をかける姿勢は長年かかって体にしみつきます。

 

無意識に続いている姿勢を治すのは簡単ではありませんが、少しずつでも矯正していくのが好ましいです。

 

正しい姿勢の取り方はネットや本でいくらでも見つかりますが、「悪い姿勢が当たり前になりすぎて良い状態がわからない」という人も少なくありません。

 

ですから、姿勢矯正をするときは、家族に見てもらったり鏡で確認して良い状態を知っておくのも大切です。

 

また、やわらかいソファや家具などを使っている場合は見直しも重要になってきます。日常的に使っている家具が悪い姿勢を習慣化させていることは珍しくないので、注意が必要です。

 

腰の痛みが治まっても姿勢が悪いままだと再発のリスクが高くなります。腰痛の根本的な原因を解消するためにも、できることはやっておきましょう。

 

正しい姿勢でも注意

姿勢が悪いと腰痛をまねくのは言うまでもありませんが、正しい姿勢なら大丈夫というわけではありません。

 

腰や筋肉、骨への負担は同じ姿勢を続ければそれだけ大きくなるので、たとえ正しい姿勢でも長時間同じ姿勢を続けるのは避けましょう。

 

また、日頃の姿勢に問題がなくても、普段とらない姿勢による突然の負担には気をつけたいです。特に中腰姿勢は突発的なぎっくり腰をまねきやすいため、腰に気を使うべき姿勢といえます。

スポンサーリンク