腰痛と生理・女性の病気との関係

女性特有の腰痛

腰痛は男女ともに悩まされる現代病ですが、女性ならではの原因もあります。特に男女の違いでもある生理や女性ならではの病気が、腰痛の発症率を上げるケースも珍しくありません。

 

スポンサーリンク

 

生理と腰痛の関係

生理前になると体調不良になる女性は少なくありません。人によって程度は異なるものの、吐き気や頭痛、めまいといった症状とあわせて腰の痛みがあらわれます。

 

月経前緊張症の身体症状として起きる腰痛で、生理が始まるか終わると症状がおさまる人も多いです。

 

月経前緊張症は、自律神経のバランスが乱れることによるホルモン分泌の異常やストレスなどの精神面などを原因としています。

 

病気というわけではありませんが、症状が重いなら婦人科を受診するのが大切です。薬によって症状を緩和させることができます。

 

生理時の腰痛

生理前ではなく月経時に腰痛を感じる女性も多く、月経中に分泌されるプロスタグランディンという物質が腰痛の原因といわれています。その他、ホルモンバランスや精神面の影響は生理前の腰痛と同じです。

 

症状そのものは生理が終わるころには緩和します。重度の場合は低用量ピルによって腰の痛みを和らげることも可能です。

 

ただし、生理中の腰痛は病気によって子宮や卵巣に異常が起きている可能性もあります。我慢せずに早めに婦人科を受診することをおすすめします。

 

女性の病気が起こす腰痛

子宮筋腫や卵巣嚢腫といった、女性特有の器官に腫瘍ができる病気は腰痛を引き起こします。進行して大きくなった腫瘍が周囲の組織や神経を刺激・圧迫するのです。

 

その他、骨盤や内臓などに異常があるケースでも腰の痛みを起こしている可能性があります。

 

病気が腰痛の原因となっている場合、生理時だけ我慢すれば治まるわけではありませんから、放置しているとドンドン病気は進行して症状も重くなります。

 

特に、子宮の病気は悪化すると女性としての機能を奪う結果にもなりかねません。

 

生理にともなう腰痛は原因が複数考えられるため、病院できちんと原因を特定するのが早期発見・
治療につながります。

 

「生理だから仕方ない」と諦めずに、早めに婦人科で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク