腰痛と妊娠の関係

妊娠中の腰痛に悩む女性は多い

妊娠にともなって腰の痛みを感じ始める女性は多く、妊婦さんの半数以上は腰痛を経験するといわれています。

 

それまであまり腰痛に悩まされることがなかった女性でも、妊娠による体重の増加や姿勢の影響、ホルモンバランスの変化によって腰痛を起こしやすくなるのです。

 

スポンサーリンク

 

妊娠中の腰痛の原因

妊娠して胎児が成長するとそれだけ母体の体重は増加します。単純に赤ちゃんの体重分だけ重くなるケースは少なく、それ以上の負荷が腰にかかるようになるのです。

 

また、お腹が大きくなると重心が前方向に移動します。体は無意識にバランスをとろうとするため、腰が反り返ったような姿勢になってしまうのです。腰が反った姿勢は腰椎のカーブを大きくしてしまうので、腰痛をまねきやすくなります。

 

さらに、妊娠中は十分な運動をすることもできないため、腰を支えるために必要な筋力も低下してしまい、腰の負担は大きくなって腰痛になりやすいのです。

 

ホルモンの分泌

妊娠するとレラキシン(リラキシンともいう)と呼ばれるホルモンが分泌されます。レラキシンは関節や恥骨結合の靭帯をゆるめる作用をもつホルモンです。

 

恥骨結合の靭帯をゆるめるのは赤ちゃんが骨盤を通る時に必要だからなのですが、恥骨結合の周囲には大きな負荷がかかってしまいます。結果として、妊娠中は腰痛を起こしやすくなるのです。

 

また、レラキシンによって骨盤輪と呼ばれる箇所がゆるんだ状態になります。これは赤ちゃんの成長に必要な作用ですが、ゆるみがひどくなると骨盤輪不安定症という、激しい腰痛や足のしびれが起きる病気の危険もあるのです。

 

産後の腰痛

産後の腰痛は、妊娠中の症状がそのまま残っている場合と出産の影響、あるいは育児中の動作などが原因となります。

 

妊娠・出産によって変わった体型を元通りにするには、1〜2ヶ月ほどの期間が必要です。そのため、出産直後の育児は周囲と協力しながらおこなうようにしましょう。

 

体型は元に戻っても骨盤や関節、恥骨結合が出産時のままというケースも少なくありません。ですから、腰の痛みを軽減させる意味とあわせて骨盤矯正も重要になります。

 

妊娠中・出産後は無理をしない

妊娠中・出産直後の腰痛対策で重要なのは、妊娠前から適度に運動をして腰を支える筋肉をほぐしておくことです。日頃から筋肉に疲労をためない、緊張させないことが腰痛予防になります。

 

妊娠後もできる限り体を動かして筋力低下を防ぐのが理想ですが、無理をすると赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れもあります。

 

ですから、妊娠中に体を動かすときや産後に骨盤矯正をおこなう場合は医師に相談して、専用のサポーターやベルトを使って動作をフォローできるようにするのが重要です。

スポンサーリンク