腰痛の種類・きっかけとなる病気

腰痛の種類・きっかけとなる病気記事一覧

変形性腰痛症の原因と症状

変形性腰痛症の大きな原因は老化による骨の変形です。年を重ねることで誰にでも起こりえる老化現象は、腰の骨にもあらわれます。椎体や椎間関節、椎間板といった腰椎の構成パーツが、老化によってすり減ったり変形することで変形性腰痛症となるのです。ぎっくり腰のような急性腰痛とちがって、長年の積み重ねによって起こる...

≫続きを読む

変形性腰椎症の症状と原因

変形性腰椎症は高齢者に多くみられる腰痛です。慢性的に鈍い痛みが続いたりこわばりを感じるのが主な症状となります。急性腰痛のような耐え難い痛みを起こすケースは少ないですが、動作や姿勢によっては強い痛みを感じることも多いです。特に、起床時や動作の開始時、長い時間同じ姿勢をしていた時などに強い痛みがでます。...

≫続きを読む

椎間関節症による腰痛

椎間関節症とは、文字通り椎間関節の変性によって起こる腰痛です。椎間関節同士のかみ合わせが悪くなったり、接合されている部分が傷つくことで腰の痛みを起こします。椎間関節の変性は靭帯や腰の筋肉にも悪影響をおよぼし、筋肉の緊張やコリ、慢性的な鈍痛につながります。椎間関節症による腰痛が慢性化すると血液循環も悪...

≫続きを読む

腰椎の不安定症

腰椎の不安定症(不安定腰椎症)とは、腰椎を構成する骨同士のつながりに異常が起こり、骨のぐらつきや腰椎が不安定になっている状態です。椎間板や椎体の前後縦靭帯にゆるみが生じるケースが多く、腰椎のつながっている一部分にぐらつきができてしまいます。不安定腰椎症の原因腰椎の不安定症は老化現象による椎間関節の損...

≫続きを読む

脊椎すべり症の原因と症状

脊椎すべり症とは、腰椎にズレが起こって背骨の安定が失われた状態をさします。背骨は真っ直ぐになっているのではなく、緩いカーブ状になっているのが正常な状態です。すべり症によって脊椎がずれると前後のどちらかに腰椎がすべります。ズレが大きくなるほど神経が通う脊柱管の曲がりも大きくなってしまうため、神経の圧迫...

≫続きを読む

脊椎分離症の原因と症状

脊椎分離症とは、椎間関節の基部の骨(椎弓)が分離を起こした状態です。分離というのは骨折のことで、椎間関節の骨が折れることで分離症となります。脊椎分離症の原因分離症は年齢を問わず起こる可能性があり、発症の原因も年齢によって変わります。中高年が分離症になる時は、多くの場合老化による背骨や椎間関節の変性が...

≫続きを読む

椎間板ヘルニアが原因の腰痛

椎間板ヘルニアになると腰に激しい痛みが起こります。筋肉の疲れや心因性の腰痛とは違い、病気による神経の圧迫が痛みとなってあらわれるのがヘルニアです。腰の痛み方そのものはぎっくり腰のような鋭い痛みですが、腰痛の原因がヘルニアの場合は足がしびれたりもします。腰だけでなく下半身にも異常が起きた場合は、病院で...

≫続きを読む

脊柱管狭窄症を原因とする腰痛

背骨には脊髄神経のとおる孔があり、この部分を脊柱管といいます。背骨が正常な状態で何も異常がなければ脊柱管も特に問題となりませんが、何らかの原因によって脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症の原因先天性として生まれつき脊柱管が狭い人がいます。しかし、そうした人でも症状があらわれる人は少なく...

≫続きを読む

骨粗鬆症が原因の腰痛

骨粗鬆症は骨密度の低下によって骨がもろくなる病気です。名前は有名ですが、症状は全身の骨に起こり骨折も起こしやすい危険な病気です。骨粗鬆症によって背中や腰が痛くなることも多いため、50代以上で骨量が低下している人は注意が必要になります。骨粗鬆症の原因と症状骨粗鬆症は骨の代謝が悪いことを原因として起こり...

≫続きを読む

側弯症・後弯症を原因とする腰痛

背骨は通常、ゆるやかなS字状のカーブを描いてますが、このカーブの角度が大きくなったり左右に弯曲する場合があります。左右に弯曲している状態を脊柱側弯、前後に曲がっている状態をそれぞれ脊柱前弯・後弯と呼び、いずれも弯曲異常の一種です。弯曲異常は悪い姿勢や成長にともなう骨の変性、加齢による変形、あるいは骨...

≫続きを読む

腰痛を起こす様々な背骨の病気

腰痛は心因性、内臓疾患を原因とするものもありますが、多くの場合は背骨や背中の筋肉に原因があります。さらに、単なる筋肉疲労や緊張で痛みが起こるケースと、何かしらの病気が原因となるケースに分けられます。背骨に異常が起きて腰痛をまねく病気は多数あるため、年齢や疲れのせいだけと決めつけないように注意しましょ...

≫続きを読む

腰痛で若い人や子供にみられる症状

腰痛は中高年の症状というイメージも多いものですが、若い人が悩まされるケースも少なくありません。スポーツをしている人のケガによる腰痛、運動不足を原因とする腰への負担、何気ない動作での急なぎっくり腰など、日常生活の中に腰痛のきっかけが潜んでいるため、中高年の症状というより現代病といえます。脊椎分離症若い...

≫続きを読む