脊椎分離症の原因と症状

椎間関節の骨が折れる分離症

脊椎分離症とは、椎間関節の基部の骨(椎弓)が分離を起こした状態です。分離というのは骨折のことで、椎間関節の骨が折れることで分離症となります。

 

スポンサーリンク

 

脊椎分離症の原因

分離症は年齢を問わず起こる可能性があり、発症の原因も年齢によって変わります。

 

中高年が分離症になる時は、多くの場合老化による背骨や椎間関節の変性が原因です。一方、若い人が発症するケースでは、スポーツによる腰のひねりなどが大きな原因となります。

 

運動過多による分離症はいわゆる疲労骨折の類で、骨が成熟していない子供が腰に負担をかけすぎると起こしやすいです。そのため、分離症自体は成長期の子供に多くみられる症状になります。

 

分離症の症状

分離症は骨折の一種ではあるものの、それだけで激しい痛みをともなうことはありません。どちらかというと自覚症状がなにもないケースが多いです。

 

しかし、同じ姿勢を長時間続けたり、腰の曲げ伸ばしや反り、ひねりといった動作時には腰痛となって症状があらわれます。

 

腰痛を起こす範囲も骨折している部分のみで、足やお尻にまで痛みが広がったり、しびれなどの症状がともなうこともあまりありません。

 

ただし、高齢者の場合は立ったり歩いたりという動作が辛くなったり、腰の違和感なども起こりやすいです。場合によっては急に腰が抜けたりする危険もあります。

 

分離症とすべり症の違い

分離症とすべり症は症状が似ているため、同じようなものと考えられがちです。しかし、原因はまったく違う病気になります。

 

分離症は上述のとおり、椎間関節の骨折によって起きる症状です。すべり症は腰椎のズレによって背骨の安定が失われることで発症します。

 

老化による腰椎の変性が分離あるいはズレの根本的な原因となる場合もあるので、原因も身体症状もあまり変わりません。しかし、骨の状態には明確な違いがあるのです。

 

脊椎分離すべり症に注意

分離症とすべり症が同じと誤解される理由のひとつに、症状の合併があります。特に高齢者の多くに合併症状を起こすケースも珍しくないため、同じように考えられがちです。

 

椎弓の骨折(分離症)にともなってさらにすべりがみられるときは、脊椎分離すべり症と診断されます。特に第5腰椎では分離すべりが起こりやすいです。

 

分離すべり症となってもすぐに激しい腰痛に襲われるわけではありませんが、神経を刺激したり圧迫している場合は痛みも強くなり、しびれもあらわれます。

 

すべり症は脊柱管狭窄症をまねく恐れもあるので、いずれにしろ腰に痛みや違和感がある時は骨の状態を診てもらうべきです。

スポンサーリンク