腰椎の不安定症

腰の骨がぐらつく不安定症

腰椎の不安定症(不安定腰椎症)とは、腰椎を構成する骨同士のつながりに異常が起こり、骨のぐらつきや腰椎が不安定になっている状態です。

 

椎間板や椎体の前後縦靭帯にゆるみが生じるケースが多く、腰椎のつながっている一部分にぐらつきができてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

不安定腰椎症の原因

腰椎の不安定症は老化現象による椎間関節の損傷・障害や靭帯の変性が主な原因です。そのため、椎間板変性症や脊椎分離症の二次症状として起こった状態とも言えます。

 

加齢にともなう老化現象は椎体や椎間関節、椎間板といった腰椎の構成部位を変性させるため、不安定腰椎症の原因である各部位の変性はその他の病気をまねく危険もあり、注意が必要です。

 

不安定腰椎症の症状

腰椎の不安定症になると腰椎がグラグラと動いてしまうため、主症状として慢性腰痛が繰り返されます。椎間板が突き出て脊柱管を狭窄すると神経を圧迫し痛みもひどくなります。

 

不安定症のみの場合は腰痛以外の症状はあまりみられません。しかし、脊柱管狭窄症と合併して起こるケースもあり、その場合はおしりや太もも、足の裏といった部位に坐骨神経痛の痛みがあらわれます。

 

その他、歩いていると足がしびれたり力が入らなくなり、歩行困難になるといった身体症状もおこりえます。休めば再び歩きだすことは可能で、すぐに寝たきりになるというものではありませんが、早めに病院で診てもらうのが大切です。

 

その他の病気をまねく危険

腰椎の不安定症は椎間板や椎体、椎間関節の変性から起こりますが、こうした腰椎の変性はヘルニアや椎間関節症といった他の病気の原因にもなりえるものです。

 

また、脊柱管狭窄症をともなわない不安定症であっても、放置すると腰椎がズレてすべりを起こす危険もあります。

 

すべりによって神経が圧迫されると激しい痛みに襲われるばかりか、背骨の安定も失われます。結果として、すべり症や分離症といった違った病気をまねく原因にもなるのです。

 

椎間板が椎体に潰されるとヘルニアを発症する可能性も上がります。

 

腰椎の一部の異常がさまざまな病気を運んでくるわけですから、慢性的な腰痛がみられる場合は画像検査で骨の状態を診てもらって適切な治療をするのが大切です。

スポンサーリンク