変形性腰椎症の症状と原因

腰のこわばりや鈍痛

変形性腰椎症は高齢者に多くみられる腰痛です。慢性的に鈍い痛みが続いたりこわばりを感じるのが主な症状となります。

 

急性腰痛のような耐え難い痛みを起こすケースは少ないですが、動作や姿勢によっては強い痛みを感じることも多いです。

 

特に、起床時や動作の開始時、長い時間同じ姿勢をしていた時などに強い痛みがでます。動くことで痛みは次第に和らぐのが通常です。

 

スポンサーリンク

 

変形性腰椎症の原因

椎体はレントゲンでは角が丸まって写るのが正常な状態です。変形性腰椎症になると、本来は丸まっている部分にトゲやくちばしのような尖った骨がでてきて、骨の形が変わります。突き出てきた骨は骨棘(こっきょく)と呼ばれていて、これが変形性腰椎症の原因のひとつです。

 

骨棘ができてしまう理由は加齢による老化で、50〜60歳以上になると8〜9割の人に骨棘がみられます。とはいえ、骨棘ができるだけで腰椎症になるわけではなく、椎間板の変形といった別の原因とあわさって腰痛をまねくのです。

 

椎間板の変性

加齢による老化現象が腰の骨におよぶと、椎間板に含まれる水分が減少します。水分を失った椎間板は椎体同士の圧力を吸収する力が弱まるため、椎体や椎間板、椎間関節といった腰椎を構成する部分を傷つけるのです。

 

骨棘ができるのも老化による椎間板の劣化が原因ですが、腰椎のズレや周囲の神経への刺激などもあわさって腰痛を起こします。

 

画像検査で骨棘が確認されると変形性腰椎症と診断されますが、腰椎の損傷やズレは腰椎症以上に激しい痛みを起こす腰痛の原因になるので注意が必要です。

 

高齢でもあきらめない

変形性腰椎症は高齢者にとっては宿命の腰痛ともいえるもので、痛みも我慢できないほどではありません。しかし、痛みが軽減される楽な姿勢を日常的に繰り返すと、その姿勢が固定されてしまい、いわゆる腰が曲がった状態になってしまいます。

 

また、変形性腰椎症による痛み自体は我慢できても、放っておくとすべり症や脊柱管狭窄症といった病気につながる恐れもあります。こうした腰痛はとても我慢できるような痛みではありませんし、症状によっては手術が必要なケースも少なくありません。

 

変形性腰椎症の場合はすぐに手術が必要となることはほとんどなく、薬物療法で治療可能です。早めに病院で診察を受けることで痛みも軽減でき、症状も改善できます。

 

年齢を重ねて慢性的な腰痛に悩まされている場合は、「年だから・・」と諦めず、早めに病院を受診して症状を悪化させないようにするのが大切です。

スポンサーリンク