脊椎すべり症の原因と症状

腰椎がズレるすべり症

脊椎すべり症とは、腰椎にズレが起こって背骨の安定が失われた状態をさします。

 

背骨は真っ直ぐになっているのではなく、緩いカーブ状になっているのが正常な状態です。すべり症によって脊椎がずれると前後のどちらかに腰椎がすべります。

 

ズレが大きくなるほど神経が通う脊柱管の曲がりも大きくなってしまうため、神経の圧迫や刺激もひどくなります。結果として、ズレの大きさに比例して痛みを感じやすくなったりしびれといった症状があらわれるのです。

 

スポンサーリンク

 

すべり症の原因

脊椎すべり症は椎間関節の骨折や椎間板の変性によって、脊椎が不安定になることが発症の主な原因です。

 

椎間関節や椎間板の変性は老化を原因として起こるため、若い人もよりも中高年のほうが脊椎はズレやすくなっています。

 

若い人でも靭帯の損傷などで脊椎のズレは起こりますが、一時的なすべりで元に戻るケースも少なくありません。ですから、基本的には脊椎の老化現象が起きやすい中高年の症状となります。

 

すべり症の症状

すべり症の主症状も腰の痛みですが、ぎっくり腰のような急性腰痛とちがって激しい痛みに襲われることはあまりありません。

 

老化による腰椎の変性やズレは少しずつ進行していくため、急な痛みですべり症の発症を判断したりはできないのです。

 

年を重ねて少しずつ腰痛に悩まされるようになり、慢性腰痛として症状があらわれます。ただし、腰椎のすべり方によっては神経を刺激して突発的な痛みを起こすことはあります。

 

脊柱管狭窄症をまねく

すべり症自体は激痛をともなうことは少ないものの、脊柱管狭窄症を同時に発症する危険もあり、注意が必要です。脊柱管狭窄症をともなっているすべり症では、腰の痛みだけでなく足の痛みやしびれといった神経症状もあらわれます。

 

すべり症を発症しやすい中高年・高齢者の人は年齢による腰痛ゆえに仕方ないものと考えがちで、痛みも我慢できないほどではなく、放置してしまいがちです。しかし、脊柱管狭窄症を合併すると症状も深刻になるので、腰痛が起きたら早めにレントゲンで骨の状態を診てもらうのが大切です。

 

すべり症は腰痛以外の自覚症状がない場合、薬や装具療法で十分治療できます。神経症状がみられると手術も検討されるので、早期発見が重要なのです。

スポンサーリンク