椎間板ヘルニアが原因の腰痛

椎間板ヘルニアによる腰痛

椎間板ヘルニアになると腰に激しい痛みが起こります。筋肉の疲れや心因性の腰痛とは違い、病気による神経の圧迫が痛みとなってあらわれるのがヘルニアです。

 

腰の痛み方そのものはぎっくり腰のような鋭い痛みですが、腰痛の原因がヘルニアの場合は足がしびれたりもします。

 

腰だけでなく下半身にも異常が起きた場合は、病院で診てもらい病気を特定するのが大切です。

 

スポンサーリンク

 

椎間板ヘルニアの原因と症状

椎間板ヘルニアの椎間板とは椎体の間にある部位を指し、ヘルニアとは「はみ出す」という意味です。

 

椎間板は椎体同士を結んでいて、上下の椎体からの圧力を支える役割があります。そのため、内部に髄核と呼ばれるゼリー状の柔らかいものがあり、クッション代わりになっているのです。

 

老化によって椎間板の形状が変わると、その過程で弾力が低下したり亀裂が入ったりします。椎間板の亀裂から髄核がはみ出るのが椎間板ヘルニアになった状態です。

 

はみ出した髄核が神経を刺激・圧迫するために、痛みやしびれといった症状を起こします。神経が圧迫されたときの痛みがいわゆる坐骨神経痛と呼ばれるもので、足から下半身にかけて痛みを起こすのです。

 

年齢を問わず注意

椎間板ヘルニアは若い人に多い病気ですが、高齢者でもみられますから年齢にかかわらず注意が必要です。

 

若い人はスポーツや労働によって椎間板の変形をまねきやすく、高齢者は加齢による老化が変形の原因になります。

 

肥満体型や悪い姿勢といった年齢と関係のない要因も発症のきっかけになるため、誰にでも起こりうる病気なのです。

 

手術は必須ではない

椎間板ヘルニアというと、「手術によって治すもの」というイメージが強いです。たしかに飛び出た髄核を取り除くには手術が必要ですが、現在は手術をしないと治らない病気ではありません。

 

というのも、MRI検査に代表される医療技術の進歩によって、飛び出した髄核が自然吸収されるケースが多いのがわかっています。

 

つまり、ヘルニアは自然に治ることも珍しくないのです。

 

飛び出た髄核が大きくない場合やマヒなどの症状がみられない時は、経過を見て手術以外の方法で治療をすることも多々あります。

 

「手術したくないから」という理由で病院に行くのをためらっているなら、手術が必須ではないことを覚えておくといいでしょう。

 

腰の痛みをおさえる

椎間板ヘルニアによるしびれやマヒは神経の圧迫が原因ですから、自力での治療はできません。しかし、腰の痛みを緩和することは可能です。

 

発症直後の急性期には腰を冷やし、数日たって痛みが治まってきたら温めるようにします。

 

痛みが治まっても髄核がはみ出ていますから、動けるようになったからといって無理をしたり病院に行くのを避けてはいけません。

 

ヘルニアが完治するまでは、いつも以上に気をつけて腰を守るようにしましょう。

 

下半身のしびれが激しい時やマヒがみられる時は、自分で対処せずに早急に病院に行くべきです。

スポンサーリンク