変形性腰痛症の原因と症状

老化によって起きる背骨の変形

変形性腰痛症の大きな原因は老化による骨の変形です。年を重ねることで誰にでも起こりえる老化現象は、腰の骨にもあらわれます。

 

椎体や椎間関節、椎間板といった腰椎の構成パーツが、老化によってすり減ったり変形することで変形性腰痛症となるのです。

 

ぎっくり腰のような急性腰痛とちがって、長年の積み重ねによって起こる腰の痛みですから、簡単に治るものではなく、慢性腰痛につながる加齢性疾患といえます。

 

スポンサーリンク

 

変形性腰痛症の症状

変形性腰痛症の主な症状は慢性的な腰の痛みですが、骨の変形ヶ所や変形の仕方によって症状も変わります。

 

また、変形性腰痛症というのは、腰椎を構成する各部位(椎体や椎間板など)の変形によっておこる腰痛の総称です。

 

つまり、椎間板ヘルニアやすべり症といった腰椎の異常が原因となって腰痛を起こす様々な病気はいずれも変形性腰痛症となります。

 

似た言葉である変形性腰椎症も、あくまで変形性腰痛症のひとつです。

 

原因によって変わる症状

変形性腰痛症は、腰椎の変形が起きた場所から色々な症状につながります。

 

長年の腰椎の酷使、老化を原因として最初に異常が起こるのは椎間板です。椎間板は椎体をつなぐクッションの役割で多量の水分を含んでいますが、加齢によって徐々に水分が減ってしまいます。その結果、弾力がなくなってしまうのです。

 

弾力を失った椎間板は椎体同士の圧力に耐えることができなくなり、傷ついたり潰れたりします。すると中心部にある髄核が外に突き出る状態になり、神経を圧迫して激しい痛みを起こすのです。これが椎間板ヘルニアです。

 

椎間板から髄核が飛び出なくとも、クッションとしての役割を十分に果たせないために椎体同士がぶつかったり椎間関節がすり減ったりします。

 

椎体同士の間隔が狭くなりすぎて、本来は椎間板にガードされている部分の骨が直接刺激されるような状態になると、骨棘(こっきょく)と呼ばれる出っぱりができます。骨棘は最初は小さなトゲのようなものですが、次第に大きくなり脊柱管を圧迫し始めるのです。これが脊柱管狭窄症と呼ばれる病気の原因で、脊柱管には神経が通っているため強い痛みが起こります。

 

また、椎間板や椎間関節の結合がゆるくなると腰椎は徐々にズレていきます。腰椎のズレは最終的にすべり症の原因となります。

 

さらに、背骨までズレが生じて椎間関節が折れたり骨が離れた場合は、脊椎分離すべり症となるのです。

 

以上のように、変形性腰痛症は老化、骨の変形にはじまり様々な症状、腰の病気につながります。老化は年をとれば誰でも起こりますが、骨を強くしたり負担をかけ過ぎないことで予防するのが何より大切です。

スポンサーリンク