腰痛で若い人や子供にみられる症状

若者に多い腰痛

腰痛は中高年の症状というイメージも多いものですが、若い人が悩まされるケースも少なくありません。

 

スポーツをしている人のケガによる腰痛、運動不足を原因とする腰への負担、何気ない動作での急なぎっくり腰など、日常生活の中に腰痛のきっかけが潜んでいるため、中高年の症状というより現代病といえます。

 

スポンサーリンク

 

脊椎分離症

若い人を襲う腰痛の原因のひとつが脊椎分離症です。症状そのものは中高年が発症した場合と同じで、椎間関節の骨が分離してしまいます。

 

中高年の脊椎分離症は老化による背骨の変性が主な原因ですが、若い人はスポーツをきっかけに起こるのが大半です。特に、骨が成熟していない成長期の子供に多く、運動による腰への負担が発症につながります。

 

いわゆる疲労骨折といわれる類の病気ですが、マレに生まれつき発症している場合もあります。

 

小・中高生でスポーツをする子としない子では分離症の発生頻度が変わり、スポーツをやればやるほど発生率も高いです。

 

早期に特定できた場合は、スポーツを中止してコルセットを使うだけでも痛みをなくすことは可能です。

 

そのため、運動をよくする元気な子供が腰の痛みを訴えたときは、分離症を疑って早めに病院に行くようにしましょう。

 

特発性側弯症

側弯症というのは本来はまっすぐ伸びているはずの脊椎が、横に曲がっていたりねじれている状態です。

 

こどもの側弯症は、先天性のものや成長期の合併症として起こるケースもあります。しかし、ほとんどの場合、原因不明の特発性側弯症が大半です。

 

思春期の子供、特に中学生の女子に多くみられる病気ですが、初期症状で痛みを感じることが少なく、成長がすすんでから発見されるケースも多くなっています。

 

そのため、実際に側弯症になった時期を特定するのも困難な病気です。

 

曲がりに気づいたときでさえ、程度によってはあまり目立たず痛みもありません。そうした理由から放置してしまうケースさえあります。

 

側弯症による変形は身長が伸びることに比例して進みますが、成長がストップすると進行もとまります。

 

しかし、変形が強ければそれだけ背骨全体が大きくねじれてしまい、前屈姿勢をとった時に肩甲骨の高さに差がでることもあります。

 

場合によっては助骨が背中からコブのように突き出てしまうので注意が必要です。

 

その他の腰痛にも注意

当然のことですが、分離症や側弯症だけが若い人の腰痛というわけではありません。

 

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアは10〜20代の若者でも発症することがあり、それをきっかけに腰痛が慢性化することも珍しくありません。

 

姿勢の悪さや運動不足、肥満体型といった腰痛の原因は中高年よりも若者のほうが深刻な場合もあります。

 

腰痛と隣り合わせの生活を無意識に続けていれば、健康で元気にみえる若い人であっても慢性的な腰痛持ちになってしまうのです。

 

体力がある若いうちなら、運動や筋力トレーニングによる予防・再発防止も簡単にできますから、腰痛に負けない体づくりをしておくのが何より肝心です。

スポンサーリンク