腰痛の検査と治療方法

腰痛の検査と治療方法記事一覧

腰痛時の病院の選び方・上手な受診の仕方

腰痛が起こった時は、まずはじめに整形外科を受診します。背骨やその周辺に原因のある腰痛の場合は整形外科が専門として診てくれるからです。しかし、腰痛は腰以外を原因として起こることも珍しくないため、原因がハッキリわからないこともあります。その時は整形外科以外の病院に行かないといけません。病院の選び方腰痛は...

≫続きを読む

腰痛治療にかかせない身体所見・理学検査

腰痛以外の症状がみられる重症例をのぞき、病院では通常、問診とあわせて身体所見と理学検査をおこないます。画像検査をするにしても、身体所見や理学検査で疑わしい部分を調べておく必要があるからです。医師によって検査方法は異なりますが、一般的な腰痛治療での進め方を知っておくと、とまどうことなく検査を受けられま...

≫続きを読む

腰痛の検査法(画像検査や骨密度検査)

問診・身体所見・理学検査をすすめて腰痛の原因となる部位や疑われる病気がでてきたら、さらに詳細な検査が必要になります。腰痛の検査には画像検査を筆頭にさまざまな方法がありますが、いずれも症状に応じて必要となるものです。腰痛の画像検査腰痛の原因を調べたり骨の状態をみるために画像検査がおこなわれます。画像検...

≫続きを読む

腰痛治療で行われる保存療法

内科・婦人科系の病気や心因性の腰痛をのぞく、骨や筋肉、関節に原因がある通常の腰痛は、重症でないかぎり保存療法を中心に治療をおこないます。保存療法とは手術をしない治療を指し、体への負担も少ないのがメリットです。ぎっくり腰やヘルニアといった激しい痛みが起こる急性腰痛であっても、軽度であれば保存療法によっ...

≫続きを読む

腰痛に対して使われる薬

薬は多くの腰痛に対して痛み止めとしての役割があります。医師の処方がなくとも薬局で手軽に購入できるものも多数あるので、症状に応じて使うと効果的です。薬の種類自体も豊富にあるため、主に使われる薬のメリット・デメリットを知っておくといいでしょう。腰痛治療に使う薬腰痛にたいして使う薬は大きく分けると、消炎鎮...

≫続きを読む

腰痛治療に用いるブロック注射

ブロック注射は保存療法(手術をしない治療法)のひとつです。通常の腰痛は腰の固定や薬物療法で痛みをやわらげますが、そうした治療では効果が得られない時にはブロック注射が検討されます。痛みを起こす原因となっている神経に直接、局所麻酔を注射して痛みが伝わるのをブロックするのがブロック注射です。ブロック注射の...

≫続きを読む

腰痛の手術

腰痛の大半は、薬物療法や装具療法、温熱療法といった保存療法によって治療可能です。しかし、症状や病気によっては腰痛の原因をとり除くために手術が必要なケースもあります。基本的には手術が必要な腰痛は限られている上、該当する腰痛であっても手術必須というわけではありません。手術が必要になるのは、あくまで保存療...

≫続きを読む

椎間板ヘルニアの手術

昔は、椎間板ヘルニアになると飛び出た髄核を早急に取り除く必要があると考えられていました。そのため、「ヘルニア=手術必須」というイメージをもっている人も少なくありません。しかし、画像検査の進歩によって髄核が自然吸収されることがわかってからは、体に負担のかかる手術をすぐにはせず、2〜3ヶ月は様子を見るケ...

≫続きを読む

腰痛に対するカイロプラクティックの効果

腰痛は湿布やコルセットを使って自分でケアしたり、病院での治療で治すのが一般的ですが、もうひとつの選択肢としてカイロプラクティックがあります。カイロプラクティックは海外では医療として認められている場合があるものの、国内では資格などの制約もなく誰でも施術可能です。そのため問題点も多く、腰痛治療に利用する...

≫続きを読む