腰痛治療に用いるブロック注射

ブロック注射で痛みを緩和

ブロック注射は保存療法(手術をしない治療法)のひとつです。

 

通常の腰痛は腰の固定や薬物療法で痛みをやわらげますが、そうした治療では効果が得られない時にはブロック注射が検討されます。

 

痛みを起こす原因となっている神経に直接、局所麻酔を注射して痛みが伝わるのをブロックするのがブロック注射です。

 

スポンサーリンク

 

ブロック注射の種類

ブロック注射にはいくつかの種類がありますが、安全性が高く一般的なのは硬膜外ブロックです。

 

硬膜とは脊髄の外側にある膜で、硬膜外ブロックでは背中側から硬膜の外側のスキマに注射をして神経機能を遮断します。

 

硬膜外ブロックで注射する場所

 

ブロック注射は他にも、脊髄の神経から分かれた神経の根元に注射する「神経根ブロック」、腰骨付近の交感神経節に注射する「腰部交感神経節ブロック」、椎骨の間に注射する「椎間間接ブロック」などの種類があります。

 

また、ブロック注射ではありませんが、椎間板にステロイドを注射して痛みをおさえることもできます。

 

ブロック注射は痛む部位や腰痛と同時に起こる症状を見ながら、使い分けられるのが通常です。

 

使われる薬

ブロック注射は神経の働きをおさえるのが目的ですから、局所麻酔剤や抗炎症剤を用いるのが通常です。

 

ただし、症状によっては違った薬を注射するケースもあります。たとえば、骨粗鬆症が原因の腰痛の場合は、骨量増加作用の薬も注射するといった具合です。

 

ブロック注射の効果

ブロック注射は薬でおさまらない痛みをおさえる目的でおこないます。神経に麻酔を注射するので、痛みの緩和効果は高いです。

 

また、ブロック注射の効果は痛みの緩和だけではありません。

 

腰痛が起こると痛みで筋肉が不自然にこわばり、交感神経も緊張状態になります。交感神経が緊張すると血流も悪くなるので痛みもさらにひどくなり、痛みがひどくなるとこわばりと緊張も繰り返されます。

 

この悪循環はいっこうに腰の痛みが治まらない原因のひとつです。

 

つまり、ブロック注射で痛みをおさえることは、「痛み→筋肉のこわばり・交換神経の緊張→さらなる痛み」といった流れをとめることにもなります。

 

結果として、こわばりや緊張による痛みもなくなり、麻酔そのものの効果が切れた後でも鎮痛作用が続くのです。

 

ブロック注射の注意点

ブロック注射はどんな腰痛にも一定の効果を発揮しますが、軽度の腰痛や発症初期から求めるものではありません。薬やその他の保存療法で痛みが治まらない時におこなうからです。

 

実際、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった重度の腰痛にたいしておこなわれます。

 

また、注射の痛みは個人差もありますが、痛いのが通常なので心構えは必要です。

 

ステロイド注射の場合は椎間板の中に針が通りにくい人もいます。この点も個人差があるので、覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク