腰痛の検査法(画像検査や骨密度検査)

腰痛のさまざまな検査方法

問診・身体所見・理学検査をすすめて腰痛の原因となる部位や疑われる病気がでてきたら、さらに詳細な検査が必要になります。

 

腰痛の検査には画像検査を筆頭にさまざまな方法がありますが、いずれも症状に応じて必要となるものです。

 

スポンサーリンク

 

腰痛の画像検査

腰痛の原因を調べたり骨の状態をみるために画像検査がおこなわれます。

 

画像検査には色々な種類があり、必要に応じて検査方法は変わるのが通常です。

 

ひとつの画像検査でハッキリした原因が見つからない場合は、見えなかった部分を見る目的で違った検査にすすみます。

 

X線画像診断

X線検査は体にX線をあてて体を画像化する検査方法で、いわゆるレントゲンです。もっとも基本的かつ安価な画像検査になります。

 

単純撮影といった表現の場合もX線検査になります。CTでもX線を用いるため、区別する目的で表現が変わるわけです。

 

X線撮影は骨の状態を簡単に調べることができ、腰痛検査に用いる場合は正面と側面の2枚、必要によって斜め方向からの撮影をします。

 

画像では骨は白、筋肉は灰色に写るため、腰椎の変形を判断可能です。

 

椎間板そのものをX線画像から見ることはできないものの、椎体間のスキマの程度などはわかります。ですから、椎間板の変性もX線画像から判断可能です。

 

CT検査

CTとはコンピューターの意味で、CT検査は「X線CT検査」をあらわします。

 

レントゲンと同じくX線をあてますが、CT検査の画像は体を輪切りにしたような形になります。そのため、X線検査ではとらえにくい関節や骨の形などを調べることが可能です。

 

腰痛の検査においては、脊柱管狭窄症や骨の腫瘍を調べる場合にも用いられます。

 

MRI

MRIは「磁気共鳴画像」という意味のある、磁気を使った画像検査です。体の柔らかい組織を評価することができ、椎間板や靭帯、脊髄、血管まで調べることができます。

 

骨に囲まれてX線では調べれない部分もMRIで評価可能です。

 

また、撮影方法にも違いがあり、調べたい部分で使い分けられます。椎間板や椎骨の状態を見るときと、脊髄腫瘍を調べるときでは撮影方法も変わるのです。

 

MRIは詳細に軟組織を調べられますが、撮影時間が20分以上必要だったり高価という難点もあります。そのため、腰痛が軽い場合は検査を望まない人も多いです。

 

強力な磁気を使った画像検査になるので、ペースメーカーを装着している人や妊婦の人は検査を望んでも受けられません。

 

その他の造影検査

レントゲンやMRI以外の画像検査も症状によっては用いられます。

 

骨にできた腫瘍や感染による炎症、軽い骨折の発見にはシンチグラフィーと呼ばれる画像検査が有効です。

 

シンチグラフィーとはRT検査や核医学検査とよばれる検査のひとつで、骨を調べるときは骨シンチグラフィーとなります。

 

その他、ミエログラフィーと呼ばれる検査もあり、これは脊髄の造影検査のひとつです。

 

ミエログラフィーはCTの一種でもありますが、撮影前に造影剤を注入することで脊柱管内部の様子を神経レベルで調べることができます。

 

そのため、脊柱管狭窄症の手術をする前などにおこなうのが一般的です。

 

骨密度検査

腰痛とあわせて骨粗鬆症の疑いがある場合は、骨密度検査がおこなわれます。

 

データの信頼性が高い骨密度測定装置はDXA法(デキサ法)と呼ばれるもので、X線をあてる測定方法です。

 

DXA法は場所を選ばず全身どこでも測定できるうえに安全性も高いため、骨密度検査では主流となっています。

 

また、X線を使わない骨密度検査として超音波法という測定方法もあります。DXA法とちがってX線をあてないので、妊婦の人でも検査できるのがメリットです。

 

DXA法も超音波法も測定にかかる時間は短く、5〜10分程度で骨量を調べることができます。

 

その他の検査

腰痛の大半は骨や筋肉の異常が原因ですが、全体の3割ほどは内科や婦人科系の病気がきっかけといわれています。

 

そのため、整形外科を受診しても血液検査や尿検査、感染症の検査がおこなわれる場合も少なくはないです。

 

血液検査は健康診断でおこなうような一般検査もありますが、疑いのある病気によっては生化学検査をおこなう場合もあります。

 

生化学検査は血清に含まれる物質量を調べる検査で、白血球や赤血球を調べる一般検査以上に細かい分析がおこなわれます。

 

尿検査や感染症検査も、疑われる病気によって検査方法や調べる成分が変わるものです。

スポンサーリンク