腰痛に対して使われる薬

薬を用いた腰痛治療

薬は多くの腰痛に対して痛み止めとしての役割があります。医師の処方がなくとも薬局で手軽に購入できるものも多数あるので、症状に応じて使うと効果的です。

 

薬の種類自体も豊富にあるため、主に使われる薬のメリット・デメリットを知っておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

腰痛治療に使う薬

腰痛にたいして使う薬は大きく分けると、消炎鎮痛剤と筋弛緩剤があります。

 

消炎鎮痛剤は、患部の炎症をおさえて痛みをやわらげるのが目的です。一方、筋弛緩剤は筋肉の緊張をほぐして痛みを緩和する目的で使用します。

 

消炎鎮痛剤はさらに、内服薬や座薬、外用剤に分けられます。

 

内服薬は服用が簡単な反面、胃腸に負担をかける可能性もあるのがデメリットです。座薬は効果が高いのがメリットですが、使用に抵抗がある人も少なくありません。

 

外用剤は湿布やクリーム状の塗り薬など、タイプも色々あります。いずれも皮膚に直接使うため、敏感肌の人はカブレる場合があるので注意が必要です。

 

消炎鎮痛剤や筋弛緩剤は腰痛全般に使われますが、腰痛の原因によっては違った薬が使われることもあります。

 

たとえば、骨粗鬆症が原因の腰痛の場合は、骨量を増やすためにビタミン剤やホルモン剤を用いるといった具合です。

 

薬は根本的な治療にならない

腰痛の原因となる病気が特定できている場合は、薬の投与が病気の治療につながります。しかし、一般的な筋肉疲労などによる腰痛は、薬で根本的に治すことはできません。

 

薬はあくまで痛みをおさえるのが目的で、原因ではなく症状に対する効果しかないからです。そのため、薬の効果で一時的に症状が治まったとしても、腰痛のきっかけとなる生活上の問題は改善する必要があります。

 

ただし、痛みがひどい時まで薬を我慢する必要はありません。激しい腰の痛みは筋肉のこわばりを起こし、こわばりはさらに痛みをひどくします。

 

つまり、薬は単に痛みをおさえて楽にするだけでなく、繰り返される痛みと筋肉のこわばりの悪循環を止める意味もあるのです。

 

そのため、薬による症状の緩和と生活改善による腰痛予防をバランスよく行うのが、腰痛治療で重要になります。

 

市販薬の注意点

下半身のしびれや冷や汗、発熱といった、腰痛以外の異常がない場合は、薬局で購入可能な市販薬でも痛みをやわらげます。

 

当然のことですが、市販薬は飲み薬でも外用薬でも、用法・用量を守るのが大切です。特に、処方薬と変わらない効果の市販薬を間違った方法で使用すると、他の病気をまねく恐れがあります。

 

本来の使用法で症状が改善されないなら、使用頻度や飲む量を自己判断で増やしたりせずに病院に行きましょう。

 

また、腰痛ベルトや湿布といった、よく使われる腰痛対策アイテムを使うときも注意事項を読むのが大切です。

 

使用したまま暖房器具のそばで温めたり寝てしまうと、火傷や皮膚のカブレなどが起こるので十分注意しましょう。

 

湿布の使い分けや腰痛ベルトの使用法といった、基本的なことを知った上で使うのも忘れてはいけないのです。

スポンサーリンク