ぎっくり腰の痛みをおさえるコルセットや腰痛ベルト

腰を固定して痛みをおさえる

ぎっくり腰になってすぐの応急手当として、冷やすのと同じくらい効果的なのが腰の固定です。

 

腰椎や脊椎のねじれ・ゆれ・反りは、いずれもぎっくり腰悪化につながります。ですから、コルセットや腰痛ベルトを使って腰を安定させることは、痛みをおさえるだけでなく、安静を保つ上でも重要なのです。

 

痛みの激しい急性期は当然として、動き始める慢性期にも役立つので、コルセットか腰痛ベルトのどちらかひとつは常備しておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

コルセットと腰痛ベルトの使い分け

コルセットも腰痛ベルトも、余計な腰の動きをおさえて腹筋や背筋に適度な圧力をかけ、腰へのダメージをおさえる働きがあります。

 

幅や硬さの違いなどで、それぞれさらに細かい種類がありますが、基本的には幅の狭い腰痛ベルトは安定感でコルセットに劣ります。しかし、動きの制限もゆるいため、活動する時には最適です。

 

一方、コルセットは腰痛ベルトよりも広範囲をしっかり固定できるので、より効果は高くなります。ただし、体の動きは制限されやすいので、活動時には不向きです。

 

そこで、ぎっくり腰になってすぐの絶対安静が必要な時期はコルセットでしっかりと固定し、慢性期になって徐々に活動を始める時のサポートには腰痛ベルトを使うといいでしょう。

 

急性期の腰痛ベルト・慢性期のコルセットがダメというわけではありませんが、上手に使い分けることでそれぞれの特性を活かすことができます。

 

なお、コルセットは幅の広さも色々ありますが、ぎっくり腰の場合はそれほど広いものを使う必要はありません。

 

装具使用時の注意点

コルセットも腰痛ベルトも、腰がねじれた状態で固定すると姿勢が悪くなって逆効果になります。そのため、装着する時は必ず腰を真っ直ぐにした状態で固定するのが大切です。

 

肌がカブレやすい人は下着の上からつけるようにして、締め付けすぎないようにしましょう。装着した状態で立ったりしゃがんだりして、食い込む場合は締め付けすぎです。

 

装具に頼りすぎない

コルセットや腰痛ベルトは睡眠時や入浴時を除いて、1日中つけっぱなしでも問題ありません。ぎっくり腰直後の激しい痛みがある時ならつけているだけで楽になりますし、外出時でも腰を守るのに重宝します。

 

しかし、あまりにも長い期間頼っていると使われなくなった腹筋や背筋が衰えてしまうので、外し時が大切です。

 

目安として、装具を1日中つけるのはぎっくり腰になって2〜3日までの急性期の間です。その後は慢性痛がひどい時や体を動かす機会がある時など、必要に応じてつけるようにしましょう。

 

1〜2ヶ月以上もの長期間使いつづけないように注意が必要です。

スポンサーリンク