腰痛対策におすすめのコルセット

コルセットで腰痛対策

腰痛は色々な原因で起こるものですが、骨や筋肉の異常をきっかけとする痛みの緩和に効果的なのがコルセットを使った治療です。

 

装具療法とも呼ばれている専門的な治療のひとつですから、日常的に装着するだけで痛みを緩和してくれます。

 

スポンサーリンク

 

コルセットと腰痛ベルトのちがい

コルセットと腰痛ベルトは腰を固定させて痛みをやわらげるという点では目的は同じです。が、厳密にはコルセットと腰痛ベルトには違いがあります。

 

ドラッグストアなどでも取り扱われているのは腰痛ベルトで、骨盤ベルト、腰痛バンドなど別の言い方もあるものです。

 

コルセットは整形外科などで使われる医療用のものを指します。

 

腰痛ベルトに分類されるものは比較的安価で手軽に手に入りますが、コルセットは病院で処方してもらう必要があり、価格も高めです。保険適用は可能なので、どちらを腰痛対策に使うかは事前に決めておく必要があります。

 

動作の制限範囲

コルセットは腰痛ベルトよりも大きく広範囲を固定することができます。その代わり、身体の動きは制限されやすいのがデメリットです。

 

サイズやとめ方、硬さの違いで色々な種類がありますが、骨折などがみられない限りは標準サイズでも十分効果をえられます。

 

一方、腰痛ベルトはコルセットよりも幅が狭いため、安定感に欠けます。しかし、動作を制限されにくいのが利点ですから、軽い慢性痛の時には使いやすいです。

 

コルセットの効果

腰痛を起こしたときはたいてい腰椎が前に突きでるようにカーブをしています。カーブがきつくなる原因は複数ありますが、筋力、特に腹筋や背筋の低下が深刻です。

 

腰まわりを支える筋力が弱いと腰椎への負担が大きくなるため、カーブもよりきつくなります。

 

肥満体型や悪い姿勢といった別の要因が重なると、さらに腰椎は圧迫されてしまうのです。

 

こうした状態のときに、コルセットや腰痛ベルトを使うことで腰まわりの筋肉をフォローすることができます。装着すると適度な圧迫感をあたえてお腹と腰が平らになり、カーブもゆるやかになるので、腰への負担も軽くなるわけです。

 

また、しっかり固定させることで、腰椎や脊椎のゆれ・ねじれ・反りといった腰痛を悪化させる状態を避ける役目もあります。

 

さらに、コルセットや腰痛ベルトは腰全体を包み込む形状のため、保温効果も高まりやすく痛みもやわらぎやすいのです。

 

安静が求められる急性期は当然として、行動を開始する慢性期のサポートにも役立つので、頼ってみるといいでしょう。

 

コルセットを処方してもらう

コルセットは医療器具ですから医療機関で処方してもらう必要があります。医師や理学療法士が状態を診て処方してくれますが、必ず自分でもフィット感を確認しましょう。

 

医師から使用に関する指示もだされるので、それに従って正しく使うのが重要です。

 

市販の腰痛ベルトを使う

腰痛ベルトや骨盤ベルトなら市販品も豊富な種類があり、病院に行く時間がないときでも簡単に手に入ります。

 

ネット購入も可能ですがサイズ確認用のサンプルが置かれているお店も多いため、自分でつけて確認してから購入するのが大切です。

 

つける位置は、お尻より上の腰回りなら痛む箇所を中心にして巻きつけます。お尻やそれよりも下が痛む場合は、ベルト状の細めのタイプを骨盤より下を目安に巻きつけましょう。

 

コルセットや腰痛ベルトの注意点

コルセットや腰痛ベルトは、必ず正しい姿勢で装着するのが重要です。腰がねじれた状態のまま固定してしまうと、姿勢が悪くなってしまって逆効果になってしまいます。

 

体に合っていないものを無理に使い続けるのも負担です。装着した後は、立ったりしゃがんだりして動きをチェックする必要があります。多少の違和感は残るものですが、食い込んだりしている時は締めすぎなので固定し直しましょう。

 

肌が弱い人は、下着の上からつけたり緩く固定すればカブレる心配はありません。

 

頼りすぎは厳禁

コルセットも腰痛ベルトも腰に激痛があるときは長時間の装着が望ましいです。とくに急性腰痛の場合は、落ち着くまでは面倒でも固定は必要になります。

 

しかし、痛みが治まって回復に向かったら頼りすぎないのも重要です。回復しても装具に頼りっぱなしでは自身の筋力が衰えてしまい、再発のきっかけにもなります。

 

医師から処方された場合は指示に従い、自分で用意しているときは痛みとのバランスで外すタイミングを見極めるのが大切です。

 

また、コルセットも腰痛ベルトも寝るときまでつけっぱなしにせず、外すようにします。寝た状態は腰への負担も少なく、固定の必要はありません。

 

圧迫は睡眠の邪魔にもなりますし、装具をつけた周辺の肌がカブレたりすることもあります。症状によっては睡眠中に限らずつける時を限定するのも賢い使い方です。

 

重い荷物を持つ時や外出する時、デスクワークを長時間する時など、腰への負担が大きくなる時だけ使うようにすると、装具に頼りすぎる心配も少なくなります。

 

それと、コルセットや腰痛ベルトは腹筋や背筋を補って痛みを緩和してくれますが、腰痛そのものを治すものではありません。

 

使い続けるだけで腰痛を治すことはできませんから、勘違いにも注意したいです。

スポンサーリンク