腰痛にマッサージは避けてツボ押しをする

腰を触るのは厳禁

腰痛に襲われたときは無意識に患部をさする人も多いですが、炎症や腫れが起きている箇所を触るのは逆効果です。

 

痛みが治まるどころか悪化の原因にもなるため、腰痛発症直後は触らないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

急性腰痛にマッサージはNG

腰痛は触ることすらNGですから、マッサージも厳禁です。特に、ぎっくり腰に代表される急性腰痛にたいしてマッサージは絶対にしてはいけません。

 

慢性期になって痛みが減ってきた後でも、背骨の変形や腰椎・靭帯の損傷に対するマッサージは逆効果になります。

 

マッサージをしてもいい腰痛

マッサージが効果を発揮する腰痛は、筋肉の疲労や緊張が原因の腰痛です。

 

マッサージによって腰痛が治るわけではありませんが、かたまった筋肉をこりほぐすしてリラックスできます。結果として筋肉に原因のある腰痛の予防につながるのです。

 

ただし、骨や靭帯の異常の有無が曖昧なら、マッサージが腰痛を悪化させる恐れもあります。

 

また、筋肉性の腰痛と特定できていても、力の具合に注意が必要です。筋肉がかたまっているとマッサージによる痛みもひどくなりやすいので、適度な力加減が求められます。

 

筋肉をほぐして腰痛予防にマッサージを役立てるなら、定期的に行うのも重要です。特に、生活習慣において筋肉の疲労や緊張が起こりやすいなら、たまにマッサージをする程度では予防効果も少なくなります。

 

ツボ押しが安全

マッサージとくらべて安全かつ、痛みの緩和に役立つのがツボ指圧です。大腸兪(だいちょうゆ)や腎兪(じんゆ)といった腰痛に効果的なツボは腰の周辺に多数ありますが、一人では位置の確認ができなかったり指圧しにくいという難点もあります。

 

しかし、手や足など、自分でも押しやすく直接患部を触らずにすむ場所にもいくつか効果的なツボが存在します。そのため、腰の痛みが続くときは手足にあるツボを押すようにすると、患部を刺激せずに痛みを緩和させることが可能です。

 

・腰腿点(ようたいてん)
腰腿点の場所
腰腿点は人差し指と中指、薬指と小指の間の骨の間にあります。骨をなぞって交わる部分を指先でゆっくりと刺激しましょう。

 

・委中(いちゅう)
委中は膝の裏にある横ジワの中央にあります。自分でわかりにくい場合は人に押してもらうのがいいでしょう。

 

・曲泉(きょくせん)
曲泉は膝の内側のくぼんでいる場所です。委中よりも押しやすいので、親指の腹で刺激します。

 

・照海(しょうかい)
照海の場所
照海は足の内側のかかとよりにあります。内側のくるぶしから指1本分下をなぞるとわかりやすいです。曲泉と同様、親指の腹で指圧します。

 

腰痛があるならツボを押して痛みがあるのが通常で、痛くないなら腰痛もありません。

 

また、腰の痛みがなくともツボが痛いなら腰は疲れがたまっています。いつ腰痛が起こるかわかりませんから、生活習慣の見直しを積極的におこなうのが大切です。

スポンサーリンク