腰痛改善の湿布は温冷を使いわける

冷湿布と温湿布の使い分け

腰の痛みをやわらげるのに頼れる湿布ですが、冷湿布と温湿布は症状によって使い分けるのが大切です。

 

家にたまたまあった湿布をやみくもに貼るだけでは、腰痛改善どころか悪化してしまうこともあります。

 

薬としての効果は変わらないものの、正しく使い分けることが回復の近道ですから、どういった時に温湿布・冷湿布を使うのかを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

急性期の炎症には冷湿布

腰痛を起こした直後から2〜3日の間は冷湿布を使って患部を冷やします。

 

急性期の腰痛は炎症によって激しい痛みを起こしているため、冷やして炎症を鎮めるのが最優先だからです。

 

冷湿布が手元にない場合は、保冷剤やアイスノンを使って患部を冷やします。

 

急性腰痛のときに冷湿布を使わないまま数日たった場合は、炎症が治まって慢性痛に変わっているので、冷湿布は使わないように注意です。

 

また、冷湿布や保冷剤などを使うときは冷やしすぎにも気をつけます。

 

極端に腰を冷やすと血行不良や筋肉の緊張をまねき、冷やさないほうが無難な場合もあるからです。

 

我慢して使わないという選択は必要ありませんが、様子を見ながら冷やしすぎを避けましょう。

 

冷湿布で冷やしても熱いお風呂に入ったら炎症が悪化してしまい、意味がありません。

 

急性期にはぬるま湯に浸かるか、シャワーだけにして腰を温めないように注意が必要です。

 

慢性痛には温湿布

急性期の腰痛が治まり慢性期になったら、温湿布を使って患部を温めます。

 

身体を温めると筋肉の緊張がほぐれて血行が改善されるので、腰の痛みもやわらいでいきます。

 

温湿布は専用のものが使いやすいですが、カイロや蒸しタオルで代用することも可能です。

 

湿布以外で温める場合、肌に直接あてると低温やけどの心配がありますから、下着の上から温めたりタオルでくるむといった工夫が必要です。

 

慢性期はお風呂に入ると痛みが緩和されるのが大半のため、じっくり入浴するのも温湿布を使ったときと同じ効果をえられます。

 

ただし、温湿布をはがした直後に入浴すると、お湯が刺すような痛みを感じる場合があります。

 

カプサイシンという成分を含む温湿布で起こることなので、使っている場合は湿布をはがしてすぐの入浴は避けましょう。

 

温めて腰がラクになる時は、日頃から全身を冷やさないようにするのも大切です。

 

冬は何もしなくても冷えやすいので、厚着をしたり部屋も温かくして患部を冷やさないようにしましょう。

 

また、慢性腰痛に対して温めても効果を感じれない場合は、自己判断・治療をやめて病院に行くべきです。

 

熱による刺激によって悪化する腰痛もあり、それらは化膿性やがんの恐れもあります。

 

誤った自己判断がより重い病気をまねくことになるので、早めに専門医に診てもらうのが大切です。

スポンサーリンク