ぎっくり腰は病院の何科でみてもらう?

ぎっくり腰は何科に行く?

ぎっくり腰の原因が背骨や筋肉、関節などにある場合、整形外科で診察を受ければ異常が見つかります。

 

専門の整形外科がない時は総合病院なども探してみるといいでしょう。

 

問診で痛みのきっかけや範囲、発症時期などを答えれるようにしておくと、診察もスムーズにすすみます。

 

スポンサーリンク

 

病院で診てもらう重要性

ぎっくり腰は痛みこそ激しいですが、病院で治療せずとも適切な応急処置をして安静にしていれば自然と治ります。よくも悪くも有名な急性腰痛症で腰の痛み以外の症状はないため、病院に行かない人も少なくありません。

 

しかし、ぎっくり腰と似たような急性の痛みを起こす腰痛は多数あるため、ぎっくり腰と自己判断していると重大な病気を見逃す恐れもあります。

 

病院できちんと診てもらうことは単にぎっくり腰を治すだけでなく、その他の病気の疑いを消す意味でも重要なのです。

 

ぎっくり腰はヘルニアや脊椎の炎症をまねくこともあるので、長く症状が続くなら異常を特定するのに病院での診察は避けれません。

 

異常が見つからないぎっくり腰

ぎっくり腰になって整形外科を受診しても、背中や腰に異常が見つからないケースもあります。異常が見つからないのは、背中の骨や筋肉が原因ではないからです。

 

ぎっくり腰は急性腰痛症の一種ですが、急性腰痛症が必ずしもぎっくり腰とは限りません。激しい腰の痛みが腰以外の病気を原因とするケースもあるため、特に注意が必要です。

 

たとえば、内臓系の病気にあたる「胃潰瘍」や「尿管結石」、女性特有の「子宮内膜症」や「子宮外妊娠」、あるいは「心身症」や「心気症」といった心の病気でも急性腰痛の症状は起こります。

 

激しい腰痛を起こす病気は他にもあり、中には命に関わる危険な病気もあります。

 

こうした病気が腰痛の原因となっている場合、腰の痛み以外の症状があらわれることも多いです。ですから、骨や筋肉に問題がないと診断されてもその他の症状を医師に伝え、必要に応じて他科や総合病院を紹介してもらいましょう。

 

原因の特定・他の病気の発見のためにも、きちんと調べてくれる病院を選ぶのも重要になります。

スポンサーリンク