ぎっくり腰を予防する姿勢や運動

ぎっくり腰を予防する生活習慣

ぎっくり腰は色々な原因で起こりますが、日々の生活習慣によってできる筋肉疲労や緊張が発生率をあげています。

 

そのため、「筋肉に疲れをためないこと」「適度に筋肉をほぐして緊張させないこと」は予防に効果的です。

 

日常生活では姿勢と適度な運動を心がけることが予防につながるため、突然のぎっくり腰に襲われないためにも意識しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

姿勢を意識して予防

悪い姿勢が腰に負担をかけているのは言うまでもありません。腰や背中の筋肉に疲れをためるので、悪い姿勢がクセになると無意識のうちに筋肉疲労は蓄積されます。

 

そうした状態で腰に急な負荷をかけるとぎっくり腰になりやすいため、姿勢矯正は優先的に行いたいです。

 

また、姿勢が悪くなくとも油断はできません。たとえ良い姿勢であっても、同じ姿勢を長時間続けると筋肉はかたまって緊張状態になります。

 

緊張状態から突然動き出すと筋肉が切れたり引き伸ばされてぎっくり腰になるため、同じ姿勢の連続を避けるのも予防には大切です。

 

適度な運動で予防

生活の中で適度に運動するのもぎっくり腰予防につながります。運動すると筋肉がほどよくほぐれるため、緊張状態からのぎっくり腰予防に効果的です。

 

また、腹筋や背筋が衰えると、それだけ腰にかかる負担が大きくなります。腰にダメージを与えないためには、筋トレなども取り入れてお腹と背中で腰をフォローするのも大切なのです。

 

ただし、ぎっくり腰を経験した人は、腰に負担のかかるスポーツでは逆効果になります。ですから、ジョギングや水泳といった、腰に優しい運動をするのがいいでしょう。

 

長く運動不足だった人が突然からだを動かす時もぎっくり腰の危険があります。そのため、ストレッチやウォーキングといった軽い運動から始めて、体力と筋力をつけてからその他の運動を始めるほうが安心です。

 

その他の予防法

運動をぎっくり腰予防に取り入れるなら、栄養バランスにも気をつけるとさらに効果的です。特に、カルシウムを積極的に摂って運動すると骨が強くなり、腰椎の損傷を防ぐことができます。

 

骨を強くするのはぎっくり腰以外の様々な病気の予防につながるため、日々の食事の見直しは重要です。

 

家具の見直し

日々使っている家具を見直すのも間接的なぎっくり腰予防になります。体が沈むほど柔らかいベッドやソファを使っている人は、無意識に腰に疲れをためているので注意しましょう。

 

適切な高さのテーブルや椅子を使うのも、腰への負担を減らすのに大切です。悪い姿勢を直すきっかけにもなるので、できる範囲で日々使う家具を見直すようにしましょう。

 

注意力をあげる

ぎっくり腰は注意力が低下して必要な筋肉が働いていない時にも起こりやすいです。

 

そのため、注意力が低下しやすい顔を洗う時やクシャミをする時、階段を上がる時、かがんで物を拾う時などは腰やお腹を意識しましょう。

 

高いところの物を取る時や重たい物を持つ時もぎっくり腰になりやすいです。こうした時は慎重になる人も多いですが、急いで動くと腰の筋肉が上手く働きません。

 

意識する機会が少ない何気ない動作の時こそ、ゆっくりと慎重に動くのが大切なのです。

スポンサーリンク