腰痛持ちで生活する時に注意すべき動作や姿勢

腰痛持ちで生活する時に注意すべき動作や姿勢記事一覧

腰痛を予防する日常的な動作

重たい荷物を持ちあげるときや中腰の姿勢は、ぎっくり腰のきっかけになるほど腰への負担が大きいです。しかし、腰痛の多くは生活の中の何気ない動作による疲労の蓄積が原因となっています。正しい姿勢をとるのが腰痛予防には大切ですが、何気ない動作にも十分な注意が必要なのです。姿勢が悪くなる習慣を直す腰に負担のかか...

≫続きを読む

腰痛を悪化させない立った時・歩く時の姿勢

急性期の激しい腰痛は痛みで動くこともままなりませんが、痛みが緩和される慢性期なら体を動かしても問題ありません。しかし、慢性期であっても腰に気をつけて行動しないと悪化、再発の恐れがあります。立つ・歩くといった普段は何も意識しない動きであっても、腰を守りながら慎重におこなうのが肝心です。立つ時の姿勢脊柱...

≫続きを読む

腰痛を予防する座り方

座るとラクに感じるものですが、腰への負担は立った時よりも座ったときのほうが大きいです。座ると姿勢もくずれやすいため、より腰にかかる力も大きくなります。ですから、座った時の姿勢を見直して腰への負担をできるだけ減らすのが重要です。床に座る時床に座る姿勢は腰椎の左右バランスがくずれやすいです。女性に多い横...

≫続きを読む

腰痛を防ぐ物の持ち方

重たい荷物を持ち上げるときは、荷物の重さにくわえて上半身を起こす力、さらには前かがみによる負担が腰にかかります。また、それほど重くない普段持ち歩くカバンであっても、同じ肩にかけつづけると腰椎がゆがみ腰痛の原因となるのです。重たい荷物、軽めのバッグなど、物をもつ時の姿勢に気をつけるのも腰痛予防につなが...

≫続きを読む

腰痛持ちならお風呂での姿勢も気をつける

お風呂に入るのは慢性腰痛の痛みに効果的です。身体が温まると血行も良くなり筋肉疲労もとれやすく、痛みも緩和されます。浴槽につかるとリラックスもできるので慢性期の入浴はオススメですが、シャワーを使ったり体を洗うときの姿勢には注意が必要です。シャワーの時の姿勢シャワーを浴びる時の姿勢は腰に負担がかかりやす...

≫続きを読む

腰痛持ちなら洗面台やキッチンに立つ時も注意

洗面台で顔を洗う時はやや前かがみの姿勢になりますが、この状態は腰にとっては辛い状態です。身長が高く、前方向に倒れる角度が大きくなればなるほど、腰に加わる力も大きくなります。また、キッチンに立ったときも洗面台に立ったときと同じ姿勢になりやすく、腰への負担が大きいです。どちらも日々つかう場所ですから、姿...

≫続きを読む

腰痛持ちの人は掃除中の動作にも注意

腰痛になりやすい人で意外と多いのが主婦の人です。家事は腰に負担のかかる動作が多く、中でも掃除中の動作は特に気をつかう必要があります。掃除そのものをしないわけにもいかないので、掃除中の何気ない姿勢にも注意して腰をいたわるのが大切です。床掃除のとき「掃除機をかける」「掃く・拭く」といった床掃除の時の動き...

≫続きを読む

洗濯のときも腰痛に注意

洗濯は洗濯機から取り出して干すまでの過程の動きが腰にとっては負担になります。ねじる・曲げる・反らすといった、腰痛のきっかけとなる動作も多いですから注意が必要です。特に、毎日洗濯をしている人や1度の洗濯物の量が多い場合は、洗濯のやり方も工夫するといいでしょう。洗濯物を取り出すとき洗濯機から洗濯物を取り...

≫続きを読む

腰痛持ちの人はリビングでくつろぐ時も注意

自宅のリビングはゆっくりくつろげる唯一の空間という人も少なくありませんが、腰痛持ちの人はラクにしすぎないのも重要です。気持ち的に楽に感じる姿勢が必ずしも腰も楽というわけではありませんから、腰にとって楽な姿勢を知っておく必要があります。楽な姿勢が腰に悪いくつろいでいる時の姿勢の多くは、足や腕だけが楽と...

≫続きを読む

腰痛でデスクワークをするときの座り方・姿勢

ただ座っているだけでも立ちっぱなしより腰への負担は大きくなります。デスクワークともなると必然的に同じ姿勢を長く続けますから、腰へのダメージは計り知れません。腰の疲労を避けるためにも、正しい姿勢で作業できるようにしましょう。自分に合った机と椅子を使うデスクワーク中の姿勢矯正は、自分の背丈にあった机と椅...

≫続きを読む

腰痛時の靴下や靴のはき方

老若男女問わず、誰でも何気なくおこなう動きで腰を痛めないように気をつけたいのが靴下や靴を履くときです。急性腰痛のきっかけになることも多く、慢性期には痛みを起こすことも少なくありませから、腰を守るためにもできるだけ負担が少ない動き方を覚えておくと安心です。片足立ちは厳禁靴下でも靴でも、片足立ちの姿勢で...

≫続きを読む

腰痛持ちの人が電車の立ちっぱなしや階段で注意すること

腰痛持ちの人にとって、外出中は腰にダメージをあたえる機会が多いです。通勤や通学で利用する電車やバスの中、階段の上り下りなど、毎日通る場所での動作が腰にやさしくないことも多々あります。外では人が多くて腰を守る姿勢をとりずらかったり、不意に大きな力が加わる可能性もあるので、腰が弱いなら特に気をつけるよう...

≫続きを読む

腰痛時の車の乗り降りや運転中の姿勢

腰痛持ちの人は車の乗り降りをするときも腰に気をつけたいです。無意識に腰にダメージを与える姿勢になりやすいため、腰をいたわる動きを心がけます。また、運転中も姿勢がくずれやすいので注意が必要です。車の中は狭いうえに同じ姿勢を長時間続けることになるため、姿勢を意識しないと腰は常に負担を強いられます。車の乗...

≫続きを読む