腰痛持ちの人は掃除中の動作にも注意

掃除中の姿勢に注意

腰痛になりやすい人で意外と多いのが主婦の人です。家事は腰に負担のかかる動作が多く、中でも掃除中の動作は特に気をつかう必要があります。

 

掃除そのものをしないわけにもいかないので、掃除中の何気ない姿勢にも注意して腰をいたわるのが大切です。

 

スポンサーリンク

 

床掃除のとき

「掃除機をかける」「掃く・拭く」といった床掃除の時の動きは腰への負担が大きくなります。少しでも腰への負担を減らすためには、掃除道具の使い方や方法を改善するのが大切です。

 

掃除機を使う

掃除機は基本的に柄の部分を伸ばしてから使います。柄が短いままでは腰を落とした状態で掃除機をかける姿勢になるため、腰への負担が大きいです。

 

柄を長くするだけで上半身が上がり、背筋が伸びた姿勢になります。

 

また、せっかく柄を伸ばしても掃除機を低く寝かせてしまっては意味がありません。その場で動かずに柄だけを寝かせながら遠くまで掃除機をかけようとすると中腰になってしまいます。

 

掃除機をかける時は、必ず自分も移動しながら上体を起こした姿勢を心がけましょう。

 

モップやフローリングワイパー

掃除機の代わりにモップをかけたりフローリングワイパーを使う時も、立ったまま腰を伸ばすのがポイントです。

 

掃除機では届かない家具やベッドの下を掃除する時は、中腰にならないように注意します。片膝をつく形で低くしゃがみ、腰だけが曲がらないようにするのが大切です。

 

拭き掃除

床に雑巾がけをする時も腰への負担に気をつけたいです。特に、上半身だけを床方向に丸める姿勢での雑巾がけは腰を痛めやすくなっています。

 

ヒザを曲げて腰をかがめた姿勢も、中腰になってしまうので注意が必要です。筋肉の緊張をまねいたり腰椎に余計な力が加わって圧迫されてしまいます。

 

床の拭き掃除で腰に最も負担がかからない姿勢は、片ひざを床につけた状態です。

 

上半身がなるべく上方向に向くようにすれば腰への負担も軽減されます。ふらついてしまう場合は、片方の手を床についてバランスをとるようにしましょう。

 

高いところの掃除

本棚や食器棚の上、キッチン上部の収納など、身長よりも高い位置にある場所を掃除するときは必ず台に乗るようにします。

 

無理に背伸びすると背筋が反って腰椎が圧迫されてしまうからです。

 

背伸びでギリギリ届く程度の高さの場所をそのまま掃除しても、奥のほうまでキレイに掃除できません。

 

腰の保護と効率的な掃除の両方の点から、高い位置の掃除は台を使うのが一番なのです。

スポンサーリンク