腰痛でデスクワークをするときの座り方・姿勢

デスクワーク時の注意点

ただ座っているだけでも立ちっぱなしより腰への負担は大きくなります。デスクワークともなると必然的に同じ姿勢を長く続けますから、腰へのダメージは計り知れません。

 

腰の疲労を避けるためにも、正しい姿勢で作業できるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

自分に合った机と椅子を使う

デスクワーク中の姿勢矯正は、自分の背丈にあった机と椅子が使えているのが大前提です。

 

合わない机や椅子での作業は、腰痛以外にも肩こりや目の疲れをまねきます。姿勢を直そうにも自然とくずれてしまう原因になりますから、見直しが必要です。

 

職場で用意されている机はともかく、椅子の高さだけでも調整するようにしましょう。椅子の高さは足の裏がしっかり床につき、ヒザが直角に曲がるのが適切です。

 

使っている椅子がそもそもオフィスチェアでない場合は、椅子の見直しからする必要があります。

 

机に向かう時の姿勢

デスクワーク中に気をつけたいのは背中を丸めこんだ姿勢です。

 

シャキッと背すじを伸ばして作業を始めても時間経過で自然と背中が丸くなることも多いので、背すじは常に意識しておく必要があります。

 

特に、パソコン作業でディスプレイをのぞきこむ姿勢が腰に負担となるので注意しましょう。

 

キーボードを打つときにひじが曲がらないなら、机の高さがあっていません。机を変えるか、椅子を動かして机と椅子の距離を調整するようにしましょう。

 

机上整理も大事

姿勢矯正と関係ないように見えますが、作業する机の上を片づけておくのも重要なポイントです。

 

パソコンのディスプレイが斜めになっていたり必要な資料や本が散乱していると、細かな動きで腰に不自然な力が加わります。

 

作業中に斜め下方向に目をやる時は腰もねじりやすいので、真正面を向いた状態でも作業できるのが理想です。視線を下にやって背中が丸くなるなら、ブックスタンドを使うのもいいでしょう。

 

姿勢を変える

仕事や勉強で机に向かうとどうしても時間が長くなりがちです。たとえ正しい姿勢を保てたとしても、同じ姿勢を繰り返すのは筋肉の緊張や疲労につながります。

 

ですから、1時間に1回を目安に姿勢に変化をつけて、筋肉が固まらないようにしましょう。

 

背もたれによりかかって作業を続けるのは厳禁ですが、休憩をかねてもたれかかりリラックスするのも大切です。

 

可能なら立ち上がってストレッチをするのがするのがいいでしょう。座りっぱなしも簡単に避けれますし、筋肉をほぐすのに効果的です。

スポンサーリンク