腰痛持ちの人はリビングでくつろぐ時も注意

家での姿勢も気をつける

自宅のリビングはゆっくりくつろげる唯一の空間という人も少なくありませんが、腰痛持ちの人はラクにしすぎないのも重要です。

 

気持ち的に楽に感じる姿勢が必ずしも腰も楽というわけではありませんから、腰にとって楽な姿勢を知っておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

楽な姿勢が腰に悪い

くつろいでいる時の姿勢の多くは、足や腕だけが楽という場合が多いです。

 

たとえば、うつ伏せで胸元にクッションや枕を挟んでテレビを見たり本を読む姿勢は、背中が反りかえって腰には大きな負荷がかかっています。

 

ただくつろいでいただけのつもりでも、腰椎や腰まわりの筋肉は疲労を蓄積するため、こうした姿勢を習慣にしていると腰痛になりやすいのです。

 

正座がベスト

家でくつろぐ時にもっとも腰に優しいのは正座で座ることです。

 

座布団や薄いクッションをお尻の下に敷けば、より腰への負担を減らせます。

 

自宅のリビングで正座をする習慣がある人はなかなかいませんが、急性期の腰痛が治まったばかりの人や再発を繰り返す慢性腰痛にお困りなら、改善されるまではできるだけ正座するようにしましょう。

 

椅子に座る時

リビングでは椅子に座ってゆっくりするという人も多いです。

 

あくまでくつろぐ時間ですから、デスクワーク中のように背すじを伸ばした正しい姿勢を保つ必要はありませんが、椅子に座るときは気をつけます。

 

特に、椅子にダイブする勢いでお尻を突き出して腰からドスンと座るのは腰痛悪化の原因です。上半身が前方向に傾いてしまうため、悪い座り方がクセになると腰のカーブがきつくなります。

 

椅子に座る時は、背もたれに手をかけて上半身が起きたまま腰を落とすのがポイントです。腹筋を意識してゆっくり座れば、背すじも自然に伸びます。

 

腹筋や背筋が弱いと腰を支える力が足りず腰痛になりやすいですが、座る時には太ももの筋力も必要です。

 

座る時にお尻と腰が先に落ちるのは太ももの筋力低下も関係しているため、適度に体を鍛えておく必要があります。

 

ソファは厳禁

柔らかく座り心地のいいソファはリビングでのリラックスにあると嬉しいですが、腰にとっては天敵といってもいい家具です。

 

ソファを長年使っていると腰のゆがみはドンドンひどくなりますから、腰が悪い人は使わないようにしましょう。

 

腰痛がそれほどひどくない場合でも、ソファに座り続けるのは腰椎のゆがみの原因になります。そのため、ソファに座る時は姿勢への注意が必要です。

 

リラックスしすぎるあまり、足を投げ出したり浅く腰かけて背中だけもたれかかったりしないようにしましょう。

スポンサーリンク