腰痛持ちならお風呂での姿勢も気をつける

入浴時の姿勢に注意

お風呂に入るのは慢性腰痛の痛みに効果的です。身体が温まると血行も良くなり筋肉疲労もとれやすく、痛みも緩和されます。

 

浴槽につかるとリラックスもできるので慢性期の入浴はオススメですが、シャワーを使ったり体を洗うときの姿勢には注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

シャワーの時の姿勢

シャワーを浴びる時の姿勢は腰に負担がかかりやすいです。

 

特に、椅子に座って背中を丸めた状態でシャンプーをする姿勢は、腰への負担が大きい前かがみになります。

 

シャンプーを洗い流す時間もかかるので、必然的に腰に大きな負担がかかる時間も長くなりやすいのです。

 

中腰のシャワーも厳禁

椅子に座らず立ったままシャワーを浴びる人も姿勢に気をつけたいです。

 

シャワーの位置が目線より下だと、シャンプーをしたり体を洗い流すときの姿勢が常に中腰になってしまいます。

 

シャワータイムがそのまま腰に負担をかける時間とイコールになりかねないので、姿勢を変えれる工夫が必要です。

 

姿勢を変える工夫

シャワー中の姿勢を変える方法は、椅子を変えるかシャワーの位置を変えるかです。

 

まず、椅子に座って洗う人は高さの見直しが必要になります。低すぎる椅子に座った状態でシャワーを浴びると前方向への傾きが大きくなりすぎるので、高めの椅子が必要です。

 

ただし、シャワーヘッドの位置が変えれない場合は高すぎる椅子にすると不便ですから、適度な高さの椅子を選ぶ必要があります。

 

シャワーの位置を変える

立ったままでも座った状態でも、シャワーヘッドの位置を変えるのが腰にやさしい姿勢をとりやすいです。

 

できる限り高い場所からシャワーがあたるように位置を調整して、上半身を傾けなくてもいいようにします。

 

座っている状態であっても、背中を伸ばしたまま頭にシャワーがあたる程度の高さがもっとも腰への負担は少ないです。

 

シャワーの位置を変えようがない場合は前かがみになるのはシャンプーのときだけにして、身体を流すときは立ちあがるといった工夫で腰への負担を減らしましょう。

スポンサーリンク