腰痛を予防する座り方

座った時の姿勢に注意

座るとラクに感じるものですが、腰への負担は立った時よりも座ったときのほうが大きいです。

 

座ると姿勢もくずれやすいため、より腰にかかる力も大きくなります。ですから、座った時の姿勢を見直して腰への負担をできるだけ減らすのが重要です。

 

スポンサーリンク

 

床に座る時

床に座る姿勢は腰椎の左右バランスがくずれやすいです。

 

女性に多い横座りは、床に座るときの姿勢で最も腰への負担が大きくなっています。骨盤がゆがんで背筋のバランスもくずれてしまうのです。

 

正座を崩した形で両足の間にお尻が入る座り方も腰への負担が大きいです。背中と腰椎が丸まってしまい、筋肉に不自然な力が加わります。

 

正座が最も腰に優しい

床に座る姿勢でもっとも腰に優しい座り方は正座です。足がしびれるというイメージもありますが、両足の親指を重ねるように座るとしびれません。

 

肩の力を抜いて背筋を伸ばすだけで、背骨が自然なS字カーブを保てます。腹筋と背筋にも適度な圧力がかかるため、腰をしっかり支えるようになり腰痛になりにくいのです。

 

足がどうしてもしびれる人はクッションをお尻の下に挟んだり、正座専用の座椅子を使うと長い時間でも正座できます。

 

座椅子に座る

クッションをかませずに正座を長時間するとヒザへの負担が大きくなります。

 

また、正座で背筋を伸ばすのが辛いという人も少なくありません。そうした時は、背もたれのある座椅子を使うのが腰に優しいです。

 

座椅子は正座よりもリラックスしやすく、腰の安定も保てます。ただし、お尻を浅く腰かけたり足を投げ出すと意味がありません。座る時は深く座り、ヒザも曲げて足を立てるように座ると腰への負担が少ないです。

 

椅子に座る時

椅子は普段使っているものが自分に合ったサイズであることが大前提です。高すぎても低すぎても腰に負担がかかり、腰痛の原因になります。

 

特に、足がつま先立ちになる・宙に浮くほど高すぎる椅子は腰まわりの筋肉が緊張しやすいので、調整すべきです。

 

また、デスクワーク用の椅子とリラックス用の椅子を一緒にするのは好ましくありません。背筋を伸ばして座る仕事用と、もたれかかって休む椅子は目的に応じて使い分けるべきです。

 

浅くこしかけるのもNG

サイズが適切な椅子でも、お尻を浅く腰かけて背中がもたれかかる姿勢は腰に悪いです。この姿勢は、腰椎の本来のカーブとは真逆に反りかえる形になるので負担が大きくなります。

 

やわらかいソファも腰が沈み背中が反りやすいため、腰痛を起こしやすいです。

 

正しい姿勢で椅子に座る

椅子に座る時はお尻を深くこしかけて背筋を伸ばすのが基本です。おなかをひいて腰と太ももが90度になる座り方が正しい姿勢となります。

 

足の裏全体が床につかない場合は高さがあっていないので注意が必要です。

 

座面が大きすぎるときは、背中にクッションを挟むと深く腰かけやすくなります。

 

ときどき腕を伸ばす

正しい座り方でも時間が長いと筋肉がかたまります。

 

筋肉が緊張した状態でいきなり立ち上がると腰痛を起こすため、椅子に長時間座っていた時は手を上にあげて伸ばしてからゆっくり立ち上がりましょう。

 

座っている間もときどき腕を伸ばして姿勢に変化をつけ、血行促進をするのが大切です。

スポンサーリンク