腰痛持ちの人が電車の立ちっぱなしや階段で注意すること

外出中は腰に気をつかう

腰痛持ちの人にとって、外出中は腰にダメージをあたえる機会が多いです。

 

通勤や通学で利用する電車やバスの中、階段の上り下りなど、毎日通る場所での動作が腰にやさしくないことも多々あります。

 

外では人が多くて腰を守る姿勢をとりずらかったり、不意に大きな力が加わる可能性もあるので、腰が弱いなら特に気をつけるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

電車で立ちっぱなしの時

立っている時のほうが座った姿勢よりも腰への負担は小さいです。ただ、電車に乗っているときはゆれもあるため、腰がねじれたり曲がったりするリスクがのこります。

 

座れるならともかく立ちっぱなしのときは、周りの衝撃から腰を守るために体を安定させて立つのが重要です。

 

体のバランスをとるためにつり革につかまる人も多いですが、手を高くあげてつり革をもつ姿勢は腰が反ってしまいます。

 

座席の後ろに背中からもたれる姿勢も同様に負担が大きいです。そのため、車内で長時間立つ時は、座席の角にある手すり棒につかまる姿勢をとるのがいいでしょう。

 

腕はピンと伸ばさずに、身体をできるだけ手すりに近づけた状態で立つことで、揺れや衝撃に対して腰を安定させれます。

 

電車に限らず、バスで立ちっぱなしのときも通用する姿勢です。

 

両足を平行にせず、少しだけ前後に開くとより安定して立つことができます。

 

階段の上り下りのポイント

階段の上り下りをする時は足元に視線がいきがちですが、体が前に傾いて背中が丸くなりすぎないように注意します。

 

足を踏み外さない程度に背すじを伸ばすのがポイントです。

 

ヒザだけをパタパタ動かすより太ももをあげて一段一段すすむようにすれば、顔をあげていても踏み外しません。

 

足の裏全体が床につくようにゆっくり移動すれば、腰へのダメージを最小限にできます。

 

手すりつきの階段なら迷わず利用しましょう。腰の痛みが激しいときに手すりがない階段を移動するのは危険ですから、避けるべきです。

 

人を待つ時

長時間歩きつづけるのと同じ時間立ち続けるのをくらべると、立ち続けるほうが腰への負担は大きくなります。

 

外では待ち合わせやお店の待ち時間で立ち続ける場面も少なくありませんから、長い時間立たないといけない時は姿勢に変化をつけるのが重要です。

 

立ちっぱなしで筋肉がつかれている時に、いきなり中腰になったりしゃがみこむと腰痛のきっかけになりかねません。

 

ですから、ストレッチよりさらに小さめ程度の動きでもいいので、立ったまま姿勢を変えるのがいいでしょう。

 

人ごみで自由に動けない場所なら、片足を前に出したり小さい段差にのせるだけでも十分です。腰のカーブをゆるやかにできれば、緊張がとけて腰も疲れにくくなります。

スポンサーリンク